Language:
Photo of Mariko Nakayama

中山 真理子

アソシエイト
Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

プロフィール

東京事務所の知的財産・情報通信グループのメンバー。弁理士。当事務所に入所する以前は、国内の著名な特許事務所及び法律事務所に勤務。2001年から実務経験を有する。

取扱業務

商標登録出願、登録異議申立、無効審判及び訴訟、商標調査、海外での商標出願に従事。

主要実績

  • 日本における商標登録出願、調査等、国内の商標関連問題について、消費財を扱う多国籍企業を代理。また、日本での商標ポートフォリオ管理に従事し、アドバイスを提供。
  • 日本における商標登録出願、調査、日本の税関への商標権侵害物品の輸入差し止めの申立てについて、海外の製薬会社を代理。日本での商標ポートフォリオ管理にも従事。
  • 日本における商標登録出願、調査に関し、ファストフードレストランを運営する外国企業を代理。また、日本での商標ポートフォリオ管理に従事し、アドバイスを提供。
  • 日本における商標登録出願について、日本の飲料品・食品メーカーを代理。日本での商標ポートフォリオ管理に従事し、アドバイスを提供。また、外国商標出願及び外国商標のポートフォリオの管理において、クライアントを支援。
  • 外国商標出願について、日本のスポーツ用品メーカーを支援。また、外国商標のポートフォリオの管理及び模倣品対策に従事。
  • 日本における商標登録出願について光学材料・部品の供給業者を代理し、アドバイスを提供。

所属

  • 日本弁理士会 メンバー

  • 日本商標協会、外国商標制度委員会 メンバー

  • INTA(International Trademark Association) メンバー

登録

  • 特定侵害訴訟代理業務付記 (2006)
  • 日本(弁理士) (2001)

学歴

  • 早稲田大学 (M.A. Law) (2000)
  • 早稲田大学 (B.A. Law) (1997)

言語

  • 日本語
  • 英語

著書・論文

「Japan introduces non-traditional trade marks」(共著、Managing Intellectual Property May 2015、2015年) 

「議題230 通過中の物品による当該国での商標侵害」(共著、AIPPI、2012年)

「議題218 商標の保護を維持するための本来の使用の要件」(共著、AIPPI、2011年)

『IT知財と法務』(共著、日刊工業新聞社、2004年初版、2008年第二版)