Language:
Photo of Junya Suzuki

鈴木 惇也

アソシエイト
Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

プロフィール

東京事務所のコーポレート/M&Aグループに所属。

取扱業務

国内及びクロスボーダーのM&A・組織再編や事業再生・倒産・債権回収に関する豊富な経験を有する。また、ベーカーマッケンジーのロンドン事務所での駐在経験を有し、日本企業による欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域における事業運営・投資を幅広くサポートしている。

主要実績

M&A:

  • 中国信託商業銀行による東京スター銀行の買収案件において中国信託商業銀行を代理。

  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社によるGEの日本における法人向けリース及び融資事業の買収案件において三井住友ファイナンス&リース株式会社を代理。

  • 鴻海精密工業股份有限公司その他の投資家によるシャープ株式会社への投資案件において鴻海精密工業股份有限公司らを代理。(International Financial Law Review (IFLR) Asia Awards 2017 M&A Deal of the Year及びAsian-MENA Counsel - In-House Community Deals of the Year 2016を受賞)

  • ヤンマーホールディングス株式会社によるTerex Corporationからの欧州における中小型建設機械事業の買収案件においてヤンマーホールディングス株式会社を代理。

  • 日本の電子部品企業による日本のテクノロジー企業からの電池事業の買収において当該電子部品企業を代理。

  • 分析機器などの設計開発、製造、販売などを行う日本の大手上場企業による英国上場会社からの産業計測機事業の買収案件において当該日本企業を代理。

事業再生・倒産:

  • 日本の半導体メーカーの会社更生手続において、主要取引債権者であるニューヨーク証券取引所上場企業を代理。

  • 日本の大手海運会社の民事再生手続において、金融債権者である欧州銀行を代理。

  • ウェスチングハウス・グループの国際倒産案件において、日本法アドバイザーとして関与。

  • タカタ株式会社及びその子会社の国際倒産案件において、日本の民事再生申立代理人を務め、また、アメリカ連邦倒産法チャプター11手続、同法チャプター15手続その他の外国法制度についてアドバイスを提供。

所属

  • 東京弁護士会
  • イングランド及びウェールズ・ローソサイエティ会員
  •  米国倒産協会(ABI)会員
  •  国際倒産協会(INSOL International)会員
  •  倒産実務家日本協会(JFIP)会員

登録

  • England & Wales (2019)
  • New York (inactive)~United States (2017)
  • 日本 (2009)

学歴

  • ヴァージニア大学ロースクール修了 (LLM) (2015)
  • 東京大学法学部大学院 (JD) (2008)
  • 東京大学 (LLB) (2006)

言語

  • 日本語
  • 英語

過去に勤務したオフィス

  • London

著書・論文

「スペインの倒産手続の概要」『季刊 事業再生と債権管理』(共著、金融財政事情研究会、2018年7月)

「アメリカ連邦倒産法チャプター11手続の現状と課題〔上〕〔中〕〔下〕」(共著、国際商事法務、2015年12月、2016年1月、2016年2月)

「偏頗行為否認における支払不能の立証―東京地判平25.2.14を契機として」『季刊 事業再生と債権管理』(共著、金融財政事情研究会、2014年7月)

『わかりやすい アメリカ連邦倒産法』(執筆協力、商事法務、2014年6月)

 『Doing Business』(第14版~第16版)(執筆協力、The World Bank、2015年~2017年)

『スムーズな清算・再生のための倒産手続選択ハンドブック(改訂版)』(共著、ぎょうせい、2012年2月)