Language:
Photo of Akifusa Takada

高田 昭英

パートナー
Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

プロフィール

当事務所のコーポレート/M&Aグループのパートナーを務めると共に、現在、東京事務所の共同代表パートナーを務める日本国内及びクロスボーダーのM&A案件、組織再編及び証券取引を専門に扱う。コーポレートガバナンス、コンプライアンス等に関する案件を含み、企業法務一般を担当する。ベーカーマッケンジーLLPシカゴ事務所にて勤務経験があり米国証券実務も扱う。会社法、M&A及び金商法等の分野でクライアントのためにセミナーを担当。Chambers Asia Corporate/M&A: Domestic (2021)IFLR (2020)にてLeading Lawyerとしてランクされるまた2019 ALB Japan Law AwardsにてDealmaker of the Year受賞。

取扱業務

主に日本国内M&A及びクロスボーダーM&A案件を中心として扱う。日本国内M&A取引においては、金融、製薬、機械、食品、サービス等の諸分野において、上場企業の買収及び統合案件、企業再編、合弁、プライベートエクイティ等につきアドバイスを行う。クロスボーダーM&A取引においては、機械、製薬、食料日用品、通信等の分野の日本企業を代理し、海外事業の買収、公開買付や合弁などの案件を扱い、また、外国企業を代理して日本企業への投資案件を扱う。

主要実績

  • 欧州電機メーカーからの電力システム事業の買収につき、日本総合電機メーカーを代理。
  • 米国遺伝子検査会社Ambry Genetics社を、株式会社産業革新機構との共同投資により、総額10億米ドル(アーンアウト対価を含む)で買収する案件において、コニカミノルタを代理。
  • 米国General Electric Companyの日本におけるリース事業を約5,750億円にて買収する案件において、三井住友ファイナンス&リースを代理
  •  複数の日本事業の売却案件において、米国製薬会社を代理。

所属

  • 東京弁護士会
  •  ニューヨーク州弁護士会

登録

  • 米国ニューヨーク州 (2006)
  • 日本 (2000)

学歴

  • Harvard Law School (LLM) (2005)
  • 東京大学 (LLB) (1997)

言語

  • 日本語
  • 英語

過去に勤務したオフィス

  • Chicago

『注釈金融商品取引法 第1巻』(第2章の2「公開買付けに関する開示」を共同執筆、きんざい、2011年4月発行)

『クロスボーダーM&Aの実務』(共著、中央経済社、2008年7月)