Language:
Photo, 茨城 敏夫

茨城 敏夫

パートナー
Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

プロフィール

当事務所に入所する以前は、大手監査法人において主に上場会社等の会計監査業務に従事。2003年当事務所に入所後、東京事務所のコンプライアンス/不正調査グループ及びコーポレート/M&Aグループに所属。2005年から2007年には、国内大手証券会社の自己投資(プリンシパル・インベストメント)部門に出向し、企業再生投資案件、プライベート・エクイティ投資案件その他各種投資案件に関与した経験を有する。2011年6月から2012年8月までベーカーマッケンジーのメンバーファームであるBaker McKenzie.Wong & Leow(シンガポール)に勤務し、日系企業の東南アジア各国におけるコンプライアンス/社内調査案件及び投資案件に関与。

取扱業務

企業法務全般に従事。国内及びクロスボーダーM&A/プライベート・エクイティ案件における法務監査の実施、各種契約書の作成及びストラクチャーの検討。上場会社等のディスクロージャー規制、インサイダー取引規制及びTOB規制等に関するアドバイスの提供。日本企業のアジアを中心とした海外のコンプライアンス体制の構築及び海外社内調査の支援。M&A、会計・税務、金融に関する知識・経験を基にした事業再生に関するアドバイスの提供。

登録

  • Certified Public Accountant (2003)
  • 日本 (2003)

学歴

  • Columbia Law School (LL.M.) (2011)
  • 早稲田大学 (Bachelor of Economics) (1995)

言語

  • 日本語
  • 英語

過去に勤務したオフィス

  • Singapore

 著書・論文

「米国司法省のFCPA違反企業に対する執行方針―FCPAパイロットプログラムの正式採用」『NBL』(共著、商事法務、2018年3月15日号)

「グローバルコンプライアンスの最近の潮流 日弁連「海外贈賄防止ガイダンス(手引)」の公表」『金融法務事情』(著者、きんざい、2016年10月10日号)

「外国公務員贈賄防止指針の改訂のポイント(1)(2)(3・完)―国際的な規制環境および海外コンプライアンス実務の視点から」『NBL』(共著、商事法務、2015年10月~12月発行)

「米国司法省のFCPA違反企業に対する執行方針―FCPAパイロットプログラムの正式採用」『NBL』(共著、商事法務、2018年3月15日号)

『3つのステージで考えるアジア事業投資とコンプライアンス戦略』(共著、中央経済社、2014年1月発行)