Translate:
Insight
グローバル化への挑戦:日本企業における戦略的組織革新
日本企業がグローバル化を図る上で、既存のアプローチを再考し、新たな手法の導入に踏み出す際の鍵となる四つの分野

概要

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)は、アジア太平洋市場におけるいくつかの極めて重要な案件に関して、クライアント企業にアドバイスを提供しています。近時の主要案件には、第一生命保険による米プロテクティブ社の買収(買収価格約57億米ドル)や、スペインのゲスタンプ・ソーラーが茨城県で手掛けた出力31.6メガワットの太陽光発電施設建設にかかるプロジェクト・ファイナンス(海外スポンサーが日本で受けた太陽光関連プロジェクト・ファイナンスとしては最大規模)などがあります。

日本国内最大の国際法律事務所として、当事務所は世界中における豊富な実績を活かして、多国籍企業や金融機関が推進する海外投資や投機的事業を成功裏に導くための支援を行っています。当事務所が提供するサービスの質の高さは、これまでの受賞歴に現れています。サントリーホールディングスによるプレミアムスピリッツメーカー米ビーム社の買収(近年の日本企業による外国企業の買収としては最大規模)に際して三菱東京UFJ銀行が実施した125億米ドルの融資に関して、当事務所が同銀行に提供したサービスが評価された、ALB Japan Law Awardsの「M&A Deal of the Year」及び「Debt Market Deal of the Year」受賞はその一例です。

アジア太平洋市場において40年以上の経験を有する当事務所は、税務及び銀行・金融部門においてChambers Asia PacificBand 1事務所に、また、独占禁止法、建設、M&A、破産法、不動産の各部門においてThe Legal 500Tier 1事務所に選出されています。160名を超える当事務所の弁護士及びエコノミストは、法的課題の性質に関わらず、益々複雑化する世界市場を舞台に大望の実現を目指すクライアント企業を全力で支援します。

Offices

東京

東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山森タワー 28F
東京 106-0032
日本
Tel: +81 3 6271 9900 Fax: +81 3 5549 7720