Language:
Photo of Kenta Nobe

野邊 健太

アソシエイト
Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

プロフィール

東京事務所のコーポレート/M&Aグループに所属。日本国内及びクロスボーダーのM&A案件、組織再編、コーポレートガバナンス、コンプライアンス等の企業法務全般及びスポーツ法に関する案件においてアドバイスを提供する。当事務所に入所する以前は、大手日系電気機器メーカーに勤務。また、鎌倉インターナショナルFC及び公益財団法人日本サッカー協会でのインターン、並びに世界的コンサル会社への出向経験を有す。

取扱業務

M&A、プライベートエクイティ、企業法務一般、労働法、スポーツ法を専門とする。

主要実績

M&A

  • 国内上場電機メーカーによる、グローバル電機メーカーの医療機器事業買収入札案件
  • 国内インターネット事業会社による、国内大手同業者の行っていた国内及びアフリカ諸国でのインターネット事業の買収案件
  • 国内ファンドによる、国内セミコンダクターメーカーの買収案件
  • 国内ファンドによる、国内及び東南アジア諸国で航空機器事業を行う企業の買収案件 
  • グローバルコンサル会社による、グローバルでの組織再編案件
  • 国内大手光学機器メーカーによる、グローバルでの組織再編案件
  • 米国で原子力事業を行う企業グループのグローバルでの組織再編 案件

スポーツ関連業務

  • 大手ゴルフ場管理会社による、ゴルフ場買収案件
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックに関する、オリンピック関連企業への助言 

労働関連業務

  • 大手衣料メーカーの労働紛争案件

所属

  • 第一東京弁護士会
  • 日本スポーツ法学会

登録

  • 日本 (2013)

学歴

  • Instituto Superior de Derecho y Economia of Barcelona (Master in International Sports Law) (2020)
  • 慶應義塾大学法科大学院 (JD) (2011)
  • 慶應義塾大学 (LLB) (2009)

言語

  • 日本語
  • 英語
  • 「電子商取引とEU競争法との、愛憎半ばする関係(1)-(3)」『公正取引』(翻訳を共同執筆 No.798 (58-61頁)、No.799 (29-33頁、No.800( 71-75頁)、公正取引協会 、2017年4月、5月、6月)
  • 『欧州統合は行きすぎたのか上・下』(翻訳を共同執筆、岩波書店、2017年10月)