Language:
Photo, 細川 昭子

細川 昭子

パートナー
Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

プロフィール

約20年の実務経験を有し、金融案件及び企業問題全般において幅広いクライアントサポートを行う。当事務所に入所する以前は、日系大手保険会社に勤務。20061月から当事務所パートナー。当事務所のロンドン事務所への勤務経験及び、金融庁やゴールドマンサックス・インターナショナル(ロンドン)に出向した経験を有する。「新信託法の基礎と運用」など多数の共同執筆を手がける。2010年から2013筑波大学法科大学院非常勤講師(金融法担当)、2012年から2016中央大学大学院戦略経営研究科客員教授を務め信託法学会員。

取扱業務

券化・流動化等のストラクチャード・ファイナンス、シンジケート・ローン等の融資、金融規制法、不動産取引・開発案件、金融法務、不動産取引法及び一般企業法務

主要実績

  • SPCや信託を利用した不動産、各種金銭債権等の流動化・証券化案件のストラクチャー及び契約作成及び交渉。
  • 国内外の金融機関に対し、銀行法、金融商品取引法、貸金業法、信託業法、資金決済法、犯罪収益移転防止法等の金融規制法を中心とするアドバイス、法律意見書、各種契約作成。
  • プロジェクト・ファイナンス、アセットファイナンス、太陽光ファンドなどストラクチャー及び契約作成、交渉。
  • 不動産開発、不動産売買、ホテルマネジメント契約及びリース契約等の不動産取引全般に関するストラクチャー及び契約書作成、交渉。

所属

  • 東京弁護士会
  • ニューヨーク州弁護士

登録

  • 米国ニューヨーク州 (2003)
  • 日本 (1997)

学歴

  • Boston University (LL.M.)
  • 神戸大学 (LL.B.)

言語

  • 日本語
  • 英語

過去に勤務したオフィス

  • London

著書

  • 『信託法実務判例研究』(共著、有斐閣20153月)
  • 『信託法制の展望』(共著、日本評論社、20113月)
  • 『新信託法の基礎と運用』(共著、日本評論社、20079月)
  •  『新しい信託法解説』(共著、三省堂、2007年3月)

論文

  • 「新しい信託法制の概要と不動産流動化・証券化実務へのインパクト(1)~(5)」『ARES不動産証券化ジャーナル30号~34号』(不動産証券化協会、2007年~2008年)
  •  「事業の証券化の具体的事例と事業再生等への活用可能性」『ターンアラウンドマネージャー』(銀行研修社、2007年8月) 

View All »